Brioche et chocolat chaud chez Angelina, Paris

Chocolat chaud Whipped cream Chocolate + cream Toasted brioche and jam Brioche and apricot jam Angelina Angelina tinsA visit to La Maison Angelina simply isn’t complete without indulging in a pot of chocolat chaud. In true French style, breakfast was rich, heavenly and presented beautifully. Complete with whipped cream and buttery brioche served with lashings of apricot jam, I’m not sure I’ve ever enjoyed breakfast quite as much. It was all rather indulgent for a woman who usually eats fruit and drinks sencha for breakfast mais, c’était les vacances !

Angelina
226 Rue de Rivoli
75001 Paris
+33 1 42 60 82 00

Instagram/Facebook/Twitter

Overlooking Paris: Lunch at Le Jules Verne at the Eiffel Tower, Paris

Le Jules Verne, Paris Le Jules Verne, Paris Le Jules Verne, Paris Le Jules Verne, ParisWith monuments like this, it is little wonder that Paris is the most visited city in the world. When I reflect on the joys of ma vie Parisienne, dining at Le Jules Verne is definitely up there. Off Jessica and I went to dine with the view of Paris and celebrate. A celebration of following one’s heart, of friendship and of being able lucky enough to dine one of the most spectacular restaurants. Good Parisian times!

I’m not going to pretend: whenever I go to a restaurant, my first thought is dessert. However, whenever I go to a French restaurant, my taste buds never know what to crave first: freshly baked bread, salted butter, fois gras, rich sauces, shellfish, slow cooked beef, éclairs and the list goes on and on… That’s the thing with the French, they sure know how to cook!

Le Jules Verne, Paris Le Jules Verne, Paris

Entering into the only tower with a crazy queue, the security is tight: airport-style with body scanner and everything. A sad state of reality but rather comforting knowing that you’re safe. The elevator is quite small and with the windows, it goes without saying but if you suffer from vertigo, this is not the place for you. Or, like me, you just focus on your conversation and pray for the lift to stop. With our coats taken, we were shown to our window side table. The restaurant doesn’t guarantee table placement requests so we made our reservation for the moment they opened. I wasn’t about to dine at the Eiffel Tower without an unobstructed view. I could see so many of the city’s landmarks: Le Grand Palais, Sacré-Cœur Basilica and le musée du quai Branly. Poor Jessica; I couldn’t stop staring out at the city I navigated for seemingly ever.

We started with good ole bread and butter and champagne which, in France, is a gourmet meal in itself. For the following two and a bit hours the food didn’t stop coming. We feasted on guinea fowl, fish, fois gras, but the desserts stole the show: caramel tart and île flottante. To this day, I still remember the texture of the caramel oozing out as my spoon eagerly dived in. Raspberry marshmallows and truffles accompanied our bill though a shot of some hard alcohol would have been appreciated at that point.

Le Jules Verne, Paris Le Jules Verne, Paris Le Jules Verne, Paris Le Jules Verne, Paris

Someone once told me that Le Jules Verne is for tourists. Maybe the diehard Parisians will agree with that sentiment but this woman is having none of it. La tour Eiffel is a magical monument: every time I see it, my heart flutters. It has a hold over me. I loved every second of our lunch. I have wanted to go there for years. As you can imagine, this all comes at a hefty price but if, like me, you believe that fulfilling a lifelong dream is worth paying for, make a reservation! From 88€ (excluding drinks) for a lunch Monday-Friday to a get-your-savings-out 60€ for a starter from the à la carte menu. I’m never going to be the woman with 12 million dresses because I choose to spend my money on experiences and memories I can treasure, and that works for me. The meal may be over but my memories from Le Jules Verne with my dear friend are ones I will treasure until the end of my days. Money well spent.

The view La tour Eiffel, Paris Le Jules Verne, Paris Le Jules Verne, Paris

Le Jules Verne
Eiffel Tower
5 Avenue Gustave Eiffel
75007 Paris
France
+33 1 45 55 61 44

Bonjour de Paris !

We’re here in Paris and the weather is wonderful!

あーやっとパリだね。幸運にも天気がよかった。

Nous sommes à Paris et il fait beau !


2012年2月のNot Just Another Milla

バークレーホテル (Afternoon Tea at The Berkeley):とてもイギリスっぽいことが続きます。そう、アフタヌーンティ!ロンドンナイトリッジのシックな場所に位置して、とてもハイドパークに近い、このバークレーホテルは伝統的なスコーンや濃厚なクリームだけじゃなくて、お洒落なプレタポルティなの。季節ごとにマッチしたミウミウやステラ・マッカートニーや私の好きなボッテガ・ヴェネタといったコレクションがビスケットの形で登場します。

原作Milla’s London: Fashionista’s Prêt-à-Portea at The Berkeley

オペラレストラン (l‘Opèra restaurant): 私がパリを離れる前に、オペラにはもう一度絶対に行かなければ行けないって決めていたのだけれど、今回はバレーを見に行くのではなくて、新しく改装したレストランでのランチをしました。お料理は美しく披露され、おいしかったのですが、なんと言ってもその周りが素晴らしかった。たぶんここでお料理を食べることは二度とないかもしれないけれど、カクテルを楽しむには素敵な場所です。

原作Milla’s Paris: Lunch at l’Opéra restaurant

源吉兆庵 (Minamoto Kitchaon):ここは本当に天国のよう!日本の和菓子の天国がシックなメイフェア地区で。一番いいのは、餅や津弥を飛行機に乗ることなく楽しめることです。日本人による経営で、買い物するたびにおいしい緑茶が出されます。これは日本を離れても日本を味わえるところなのです。

原作Milla’s London: Minamoto Kitchoan


2012年1月のNot Just Another Milla

ホテル・プラザ・アテネ(Hotel Plaza Athénée:シャンペンとケーキでパリにお別れするくらいいい方法ってないでしょう。私は友人とお気に入りのホテル、ホテル・プラザ・アテネ(Hotel Plaza Athénée)でその味を楽しみました。ラ・ギャラリー・デ・ゴブラン(La Galerie des Gobelinsでデザートを楽しんでると、ハーブ奏者がそのバックで演奏し、子供達が中庭のスケートリンクでスケートをしていました。まるで夢の様!

原作: Girl Chat and Dessert at Hôtel Plaza Athénée

アービュタス(Arbutus:ロンドンっ子としての私の生活はロンドンのソーホーにあるミシュランの星を獲得したレストラン、アービュタス(Arbutus)での素晴らしいランチから始まりました。田舎風テリーヌとフルーツの前菜のトースト添えでおいしいお料理。季節柄、かぼちゃと野生のマッシュルームの風味のリゾットがメインに出されました。ダイエットしたいって思っているなら、もう諦めて!林檎のクラッシュと塩キャラメルのアイスクリームが添えられたフレンチトーストはもう我慢できない一品。とても言葉には表せないほどのおいしいデザートでした。もう最高!

原作: Lunch at Arbutus

カリーヌ・ロワイトフェルド (Carine Roitfeld):ヴォーグパリの元編集長でイギリスで一番のファッション雑誌ハーパーズ・バザー誌に特集されています。彼女のヴォーグ後の人生や、さらに面白いことに野心的なキャリアウーマンと母親(ジュリア。レストワン-ロワイトフェルトとヴラディミル・レストワン-ロワイトフェルトの母)の間の完璧なバランスを見つけたことなどを披露しています。

原作: Carine Roitfeld for British Harper’s Bazaar February 2012

クラリッジズ・ホテル(Claridge’s Hotelロンドンでもっとも良質のホテルの一つクラリッジスに今月のハイライト、アフタヌーンティーのマスタークラスのために向かいます。百年以上の間、メイフェアの真ん中に位置するこの五つ星ホテルは、アールデコスタイルが行き渡って本当に豪華です。私はマカロン、ミルフィーユ、そしてイギリスの伝統のスコーンの作り方を習いました。これより素敵なことってあるかしら?クラスはいつでも受講可能ではないけれど、休憩室でアフタヌーンティを楽しむことはできます。予約が望ましいです。

原作: Claridge’s Hotel Afternoon Tea Master Class

日本料理:たっぷり美食を楽しんだ後、新鮮な野菜ジュースと日本料理のベースであるお米でデトックスをすることに決めました。梅干、のりと納豆でを添えて。そう、イギリス女性が納豆好きなのよ。(^o^) 東中野に住む日本の家族と一緒に生活したことを思い出すわ。本当に日本が恋しい!

原作: January detox