新鮮ベジフルパワーをジュースにして“おいしいとこどり”!

ビタミンやミネラルは摂ってるけど、今ひとつ効果が感じられない・・・・・・、そんなときは「酵素」が不足しているのかも。酵素がたっぷり含まれている野菜や果物を効率よく、かつおいしく摂れる方法を、酵素栄養学のエキスパート、いとうゆきさんに伺った。

体内にある酵素には、食べたものを消化、分解して吸収できる形にする「消化酵素」、内臓や筋肉の運動や健やかな肌や髪のキープするために作用する「代謝酵素」の2種類がある。消費される優先順位は消化で、たくさん使ってしまうと代謝酵素が減り、節約すれば代謝酵素として使える分が多くなる仕組み。つまり“消化に負担をかけない”のが美と健康のカギ。体内の酵素量は加齢とともに減少し、40歳前後で生産がストップする。そこで、生の食物に含まれ、消化酵素と同様の働きをする「食物酵素」の出番となる。酵素は熱に弱く、46~48℃以上の加熱で死んでしまう。生の状態で食物を摂ることがよいのはこのため。

酵素の活動が活性化すると代謝がよくなり基礎体温も上がる。低体温の人の血行が悪く不調なのは、酵素の働きが弱いせい。また新陳代謝が促されることで老廃物や毒素を排出しやすくなり、デトックス効果が大。もちろんアンチエイジングダイエットなどの美容パフォーマンスもアップ。また継続することでアレルギー体質が改善されたり、免疫力も高まる。エネルギーもみなぎって、パワフルボディに生まれ変われるのだ。

Leave a Reply

Your e-mail address will not be published. Required fields are marked *